車検について

車を公道で走らせるためには、車検を受けなければなりません。
車検とは、道路運送車両法で定められている保安基準にきちんと適合しているかどうかの車両検査のことです。
日本の法律で、新車時初回は3年に1回、その他の車は2年に1回受けることが義務付けられています。
義務ですので、ちゃんと受けなければ「無車検運行」になってしまい、厳しい罰則を受けなければなりません。

車は消耗品なので、長く乗っているとだんだん見えない部分に支障が出たり、部品が経年劣化していきます。
エンジンやブレーキといった車で重要な部分に支障が出ている場合は、思わぬ事故を起こしてしまい、運転手だけでなく、周囲の方にも迷惑をかけてしまうおそれがあります。
思わぬ事故を起こさないためにも、定期的に車検を受けることで、車の安全性を高めなければなりません。
だからこそ、車検は法律で義務付けられているのです。

車検は有効期限の終わる日に受けてもいいのですが、有効期限の1ヶ月前から受けることもできます。
この時、早めに受けたからといって、有効期限も早くなることはないので、自分の都合のいい時に行くと良いでしょう。
有効期限は車検証、あるいは検査標章で確認することができます。
常に確認しておき、期限を過ぎてしまわないようにしてください。
もし、うっかりしていて有効期限が切れてしまっても、その車に乗って車検を受けに行ってはいけません。
有効期限が切れた車に乗ると、「無車検運行」になりますので、罰則が課せられてしまいます。
車検の有効期限が切れてしまったら、仮ナンバーをつけて受けに行くか、業者に依頼し、車を運んでもらって受ける必要があります。

車検を受けたからといって、「次の車検までは安心。」と思い込んではいけません。
車検は車検時点で保安基準に適合しているかどうかを検査するだけなので、次の車検までの安全性を保証している訳ではありません。

車検に受かったから、次の車検まで何もしなくていいという訳ではなく、車のコンディションを良い状態にするためにも、定期的な点検・整備を行わなければなりません。

  • 山陰車輌整備(株)ダイハツ米原
    ダイハツ米原
  • ロータスクラブ加盟店
    ロータスクラブ加盟店
  • スズキ自動車販売店
    スズキ自動車販売店
  • ダイハツ自動車販売店
    ダイハツ自動車販売店